睡眠のご相談

睡眠のご相談|5年間くらいのお悩み

更新日:

睡眠の専門家,越野博文

いつもご閲覧ありがとうございます。

今回は睡眠のお悩みの方のお話を致します。

よく眠れない、睡眠が悪いといっても、原因は人それぞれです。

今回の紹介するケースは

①眠っていると、急に目が覚めて不安になる

②眠る前にも動悸がする

③起きた時は頭がいたい

④とにかく身体が疲れやすい

⑤気分もすぐれない

⑥昼間に眠くなる

大まかにいってこの6個の睡眠に関係するお悩みがありました。

睡眠の悩みはいつから?

もともと良く眠れる体質ではなかったみたいですが、ここ5年くらい同じような状況が続いているとのことでした。

あまりにも眠れないので、市販で売ってる気分を落ち着かせるものとか、処方されたお薬も服用しているとのことです。

原因は?

原因ははっきりしていて、仕事で人間関係のストレスが強くなった直後から眠れなくなったとのこと。

どんどん睡眠の質が悪くなっていって、今の状態になったようです。

原因のストレス自体は、すぐに解決したみたいですが、それがトリガーとなり今に引きずっているご様子でした。

本当のお悩みとは

眠れないのは勿論、辛いです。

しかし本当のお悩みは、上記の①から⑥までが常にあり、生活に支障が来ていることです。

眠れない、疲れやすい、動悸がする、不安な気持ちになる。

日々忙しい毎日を過ごしているのですが、このような状態だと仕事やプライベートも充実しません。

何より、不調が強くなり、日々のいろいろな事も心から楽しめなくなってしまったとの事でした。

本当のお悩みは楽しく生きていきたいという事です。

出来る事とは

このようなお悩みの方は沢山いらっしゃると思います。

私たちの専門は睡眠障害をなおす!といったものではありません。

睡眠に問題が起きたことを、色々な角度から考えて、それを変えていきます。

①身体の機能調整

②意識の問題へのアプローチ

③顎と脳機能の調整

④ホルモンバランス

⑤食生活などの生活習慣のアドバイス

⑥身体に合わせた運動

これらを、クライアントの身体の状況に合わせて行っていきます。

良く眠れるための身体づくりを致します。

同じ生活をしていては、何も変わりません。

睡眠を変えることはダイエットとも同じです。

身体を根本的に見直すことが必要です。

皆様のお力になれればと思います。

今回のケースのポイント

脳の機能の問題が強く出ており、反射的に強すぎる緊張が起こっていたものでした。

身体の調節をし、生活を変えることで、前よりずっと楽になったとのことです。

約4か月くらいかかりましたが、身体を変えるにはそれ相応の期間も必要です。

じっくりと睡眠を良くしていきましょう。

検索

LINE@からお問い合わせも受付しております。

睡眠,LINE@

-睡眠のご相談

Copyright© 越野博文 睡眠の専門家 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.